カチッと定期2 解説

ネット生保と保険料

このサイトで二社目のネット生保、アクサダイレクト生命のカチッと定期2です。WEBで保険の申し込みができます。

 

なんかややこしいですが
アクサダイレクト」は自動車・ペット・バイクの保険で損保会社
「アクサダイレクト 生命 」は、ネット販売特化の生命保険会社です。

 

もともと、日本のネット生保の先駆けだったネクスティア生命は、大きく分けてソフトバンク系とアクサ生命系が株主でしたが、ソフトバンク系がアクサ生命系に経営権を譲渡したので、アクサダイレクト生命になりました。

 

ネット生保なので、申し込んでその日のうちに手続きが完了できます。忙しい方でも手軽に申し込みすることができるのがいいですね。
自宅からでも外出先からであってもインターネットがあれば場所を選ばずに申し込みができるので、わざわざ書類を郵送したり販売店に行く必要もありません。夜中でも申し込みができるのです。

 

保険料の見積もインターネットから確認することができます。アクサダイレクト生命の商品の詳細をより詳しく知りたいと思ったら、カスタマーセンターに問い合わせて聞くこともできるので、納得してから申し込むことができます。
そして8日以内ならクーリングオフをすることも可能なので、安心して申し込むことができます。

ネット生保は安いというイメージ

さらにアクサダイレクト生命のカチッと定期2は「ある条件が無ければ」保険料が他社よりもとっても安いのが魅力的です。(なんかイヤな書き方ですみません。)アクサダイレクト生命は、インターネットに特化した販売を行っている保険会社で、販売にかける人件費を削減できるからこそ、他社よりも保険料を安くできるのです。

 

その、保険料のある条件というのが「優良体割引」とか「健康体割引」と呼ばれる、体況による保険料の割引制度で、主に外資系の生命保険会社や、日本では損保グループの生命保険会社などが採用している保険料の割引制度です。

 

サイト上での具体的な比較は避けますが、年齢・保険金・保険期間が同条件の場合、他社の体況割引の最高割引後の保険料にはアクサダイレクトカチッと定期2の保険料は勝てませんでした。
ただ、そういった割引がある会社でも、どうしても保険料割引が出来ない体況の方もいるわけで、そういった保険料と比較した場合、カチッと定期2の保険料の方が安かったです。
これは、保険の設定条件や年齢などでいろいろ変わってくると思うので、是非「複数社の保険商品を比較出来る」生命保険の専門家に相談してから、保険商品を決めてください。闇雲にネット生保の保険料の安さを信じても行けない場合がありますし、また、体況割引を当てにしても狙った体況割引が適用されない場合もあるのです。

 

とはいえ、カチッと定期2は、一般的な保険料の定期保険と比較すれば安く、保障内容も普通なので、保障についての欠点を用心すること無く加入することができる保険です。他社の保険の保険料が高くて支払いがしんどくなったという方は一度カチッと定期2に切り替えを検討してみるのもいいでしょう。
(そのときには、必ず「複数社の保険料品を扱える」生命保険のプロなどに複数商品を比較してもらいながら選んでください。)

 

カチッと定期2のさらなる特徴は、保険期間10年の場合だけの取扱いになる、更新および再加入(健康チャレンジ)です。アクサダイレクト生命の基準がありますが、定期保険なので、10年で払い込みと契約が満了した時点で、自動継続になるのです。その契約継続時の健康状態を告知して、体況がアクサダイレクト生命の基準を満たした場合のみ、通常更新の保険料より安い保険料でカチッと定期2の契約と保障を継続できるのです。

 

医師の健康診断書が不要で、ネット上の告知のみで加入手続きが完了するのも魅力だと思います。

 

 

あなたの保険は大丈夫 !?見直しなら生命保険無料相談

厳選した生命保険の無料相談三社↓あなたにぴったりの生命保険を選び。


保険アドバイザーズ


生命保険どっとコム

ファイナンシャルプランナー
による「究極の見直し」

保険アドバイザーズ

保険コンサルタントの無料相談。中立公正なアドバイス。

生命保険どっとコム

賢い保険の節約術を伝授。生命保険の談は無料。

究極の見直し

生命保険プロ、ファイナンシャルプランナーの相談が無料。